公式ブログ:YSP伏見《京都のヤマハバイク販売店》

京都市伏見区のヤマハ発動機オートバイ正規ディーラー「YSP伏見」のブログです。ヤマハ・スポーツバイク専門店として、高い技術力と充実した整備施設を備え、末永くお客様をサポートします。TEL 075-622-3663

tracer900_gallery_001_2018_006
もうすっかり季節はバイクで出かけるのに
最適な季節になりましたね。

YSP伏見では新たにバイクライフを送ろうと
されるお客様へ向けて
新車購入時にロードサービスを3年サポートする
キャンペーンをスタートしました。

元々YSP各店で新車126cc以上をお買い上げ頂くと、
main
クラブヤマハと言うYAMAHAが展開するバイク専用の
ロードサービスプログラムから
1年のロードサービスを無料で付帯していました。


r1
このロードサービス内容はバイク乗りに特化した
充実した内容です。ガス欠・・・バッテリー上がりなど
日常でも起こりうる状況にも対応しています。

そして、今まで当店でご購入頂いたお客様でも
実際にロードサービスをご利用された方も
多くおられます。

そこでYSP伏見では・・・

ポップ縦-1
利用率も高い、このロードサービスを・・・
+2年分を当店が負担し、3年のロードサービスとして
ご提供させていただきます。

mt-25_gallery_001_2019_003
旅に出かけるライダーさんだけじゃなく、
近場で楽しむ方にも安心を。

自賠保険に任意保険。バイクの保証に・・・と
とにかくバイクを楽しむには色々な保険・保証など
必要になってきますが
皆様のバイクライフを安心して迎えるために
少しでも私たちが力になれればと思います。

どうぞこの機会にYSP伏見でYAMAHAのバイクを。

YSP伏見です。

暖かくなってきましたね。
・・・というわけで4月度のツーリングは
ロング気味に若狭方面まで足を延ばして、
たっぷり走りに行きたいと思います。

開催日は
2019/04/21(日)

集合場所は
セブン-イレブン桃山町因幡店
8:30から集合して9:00に出発します。

行きは滋賀の湖西線161バイパスを使用します。
2015-08-04-18.18.18
休憩場所は、道の駅 妹子の郷

続いて、161をそのまま北上し、高島市内を抜け今津まで。
そして303号線を小浜を目指して行きますが、

IMG_463501
途中、道の駅 若狭熊川宿で休憩。

距離はありますが、こうして休憩、停止場所を
多く予定していますのでツーリングが初めての方も
安心して頂けるかと思います。


81535861
そして、小浜に着いたらお待ちかねの海鮮丼!
予定している店舗さまだとご予算 ¥1500円くらいです。
IMG_4998
どしどし食べて下さいね!

photo22
そして腹ごしらえが終わった後は、
エンゼルラインへ 快走ワインディングロード。
頂上までスポーツ車の方はお先にフリーで走って下さいね。

54435165_653768358426410_782610790145327104_n

54727870_655093801627199_537250535569358848_n
そして、ワインディングロードのハシゴ?じゃないですが
お次は、レインボーラインへ
コチラは有料道路になっていますが、その分路面も
とても綺麗で走りやすいですよぉ。

0684_m
帰りは303号線から367号線の鯖街道へ
最後に、道の駅 くつき新本陣で最後の休憩です。

10211
そして、集合場所で集まった
セブン-イレブン桃山町因幡店
で17:50頃に解散予定です!

募集期限は4/16までです。

原則的にツーリングの参加は当店のお客様限定でお願いします。
当店以外のお連れ様などをお誘い頂く場合は一名まで。
でよろしくお願いします。
**なるべく当店ご購入の初めてご参加のお客様の
ご参加機会を増やして頂くためなのでご理解下さい**


募集予定人数は特に決めていませんが、
あまりに多い場合は早期に締め切る場合が
ございますのでお早目のご連絡お待ちしております。

4/1現在:5名ご参加

参加ご連絡方法は、
店舗にご来店頂いて伝えて頂くか、
TEL 075-622-3663までお電話にて
お伝えください。

このたびYSP伏見にてPayPay(ペイペイ)
でのお支払いに対応開始しました。

payysp1

キャッシュレス化を政府も推し進め、
世界規模ではまだまだ遅れている日本。

YSP伏見では二輪業界で
素早く対応させて頂きました。
京滋地域でのYSP店では現在YSP伏見のみが
PAYPAY決済に対応させて頂いています。

先ず、PayPayとは?
スマホにアプリをダウンロードし、現金をチャージして
店頭にて現金をご用意しなくても決済の出来るサービスです。
QR決済とも言われております。


pay3
こちらのQRからアプリがダウンロード出来ます。

PayPayのサイトはこちらです。

電子決済の世界においては新規参入の会社ですが、
ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁により設立された
会社ですので、安心して導入して頂けるかと思います。


pay1
PayPayに現金チャージ、またはクレジットカードや銀行口座を
登録しておけば、現金を持ち忘れた時でも安心ですね。

pay4
さらに、今、スマホアプリをダウンロードし、
登録すると500円相当のPayPay残高をプレゼント中です。

PayPay決済して頂ければ
最大20%分のポイントバックが付与されるので(2019/3/18現在)
現金でのお支払いよりもお得になります。

実際のご使用方法ですが、
pay2
上記の左側のお支払い手順が当店でのご使用方法となります。

修理や用品、部品がPayPayで決済可能!

お客様にはプラスばかりの決済方法です。
私たちは常にお客様の利益になる方法を模索し続けます。
その他のQR・電子決済方法など
次々に実行していきます。

ぜひ当店で
PayPayで!と言って下さいね。

バイクシーズンが始まりました。

まだ、寒さを感じますが
色んな所にツーリングに出かける計画や、
新たな生活環境にバイクの購入を考えてる方など。

YSP伏見は応援し続けます!

・・・と言う事で3月のキャンペーンは
対象を~125ccまでの新車スクーターに照準を絞って
開催しております!
対象を限定しているので、使い勝手の良いアイテムや
サービスの相性はバツグンです。
POP横3月サイコロ-1
春のキャンペーン!サイコロ振って運試し!

IMG_4429
店内のサイコロを
ドリャー!っと振って頂いて、
出目によってサービスが変わっちゃうと言うものです。
POP縦3月サイコロ-1
それぞれの内容は上記のとおり。

①の目のヘルメットプレゼントは、初めてバイクに
乗る方には絶大な人気のサービスです。
ヘルメット一覧
付属のサービスだからといっても
選べる種類はこんなにも。人気のジェットタイプや
フルフェイスまで。

②の目はなんと当店で実際に販売してる価格から
更に、登録諸費用相当の¥5000円を値引きしちゃいます!

③の目は防犯に最適なセットです。
バイクカバーにチェーンロックのセット!
バイクカバーはどんなバイクも問わず人気のアイテム。
雨風を凌ぐのはもちろん、人目に付きにくい意味では
防犯効果も大きいです。
rock
チェーンロックは余裕の長さの120cm
41LZk99KMRL
バイクカバーはこちらのYAMAHA純正のカバーが
とても有名です。前も分かりやすいですし。
・・・が!
motorabit_omc-fit-m
YSP伏見はこちらのバイクカバーをお勧め!
景品にしております。
上記のYAMAHA純正カバーを製造元が同じで
安心のクオリティですし、YAMAHA製よりも厚手です。
長く使って頂ける商品にしてみました。

④の目は・・・欲しい人は必ず居ます!リアボックス!
71B2k+Q1unL._SL1000_
鍵付きで安心です。・・・そう、リアボックスは
バイクに収納力を求める方にはマストアイテム!
41+NRRCv4iL
スクーターに使いやすいサイズでご提供いたします。
コチラの場合、バイクの車種によってはボックスを搭載
するためにリアキャリアをご購入取付けが必要な場合が
御座います。

⑤の目は・・・
レインウェア!
そうです通勤通学、雨の日もバイクに乗らなきゃ
行けない方も多いです。
IMG_4382
こちらのポンチョタイプ。この形が好きな方も多いです!

IMG_4412
そして定番2ピースタイプ。
バイク用に作られているのでフードは取外し可能。
モデルは当店2Fでいつも来客を待ち続ける
マネキン君です。

⑥の目は・・・
LEDバルブです!今やヘッドライトにLEDの時代!
20151209_news_pt01
スクーターにもLED化の波が押し寄せています!?
安心のYSPスタッフの手でご納車時にLED化された
バイクにお乗り頂けるサービスです。

さて、、みなさまの気になる数字はどれでしたか?
普段から販売セールをしつつも、
万全の整備サポート体制を維持し、皆様に支えられている
YSP伏見

YAMAHA車を買うならYSPで買いましょう。

まだまだ寒い中ですが、
最近は新シーズンからの新生活などに向け、
バイクご購入の相談に来られる方が多いです。
1352841
春から新しい職場や学校へ通い始めることになり、
目的地への公共交通機関を調べてみても
乗り換えが多かったり
そもそも目的地まで交通手段が無かったり・・・
だったら、自分で運転して行こう!と
お考えになり、原付に行きつく方が多いです。

YAMAHAから出ている原付はJOGにVinoにGEAR
主に、JOGとVinoが主流になります。

vino_gallery_002_2019_003 jog_gallery_001_2018_004
どちらも燃費は58.4km/Lです(使用状況により変動します)。
毎日往復10㎞の通勤距離だとおよそ5~6日、
1週間の通勤に使用してガソリンを1リッター
消費(1リッターのガソリン価格およそ130円)なので
お財布にも優しいです。

原付免許は普通自動車免許をお持ちなら
新たに免許を取ることなく乗れますし、
ハードルは低いのでとても敷居が低く、
導入しやすいですね。

さて、本格的に購入を考えられる際に、
YAMAHAのHPなどで車体の価格などを
お調べになられた以外に必要になる費用が
気になる所
です。
はてな
先ずはお住まいの市町村役場へ。
道路を通行するためにはお客様の氏名・ご住所で
ナンバープレートを発行してもらうためですが、
こちらの登録費用が¥5000円です。
そして、メーカーから送られてきたバイクと言う
商品を当店の整備士が各部を点検、調整し、
お客様に気持ちよく安心して乗って頂くための
納車整備費用が¥5000円です。

最後に、一番大事なのが自賠責保険です。
こちらは強制保険とも呼ばれるように、道路で
車両を運行(運転)して頂くためには必ず
ご加入して頂かないといけません。
費用は1年間から5年間まで選んで頂けます。
1年で7500円。5年になると16990円です。
hokennryou
1年間だけ掛けるより、長く掛けるほど保険代は
1年ごとの保険料はお得になっていきます。

これ以外には車体本体価格と諸費用には消費税
掛かり、最終的なお乗り出し価格になります。

そして・・・・・・
最後に!
(まだ何か?要るの??)

忘れてませんか?
ヘルメット!
半ヘル
元々バイクにお乗りの方や、
以前乗っていた方、お乗り換えの方などは
すでにお持ちの方も居られますが、
新たにバイク所有を考えられている方は
ヘルメットやグローブなど、安全に走行するために
必要な装備も揃えないといけません。
*もちろん安全のための装備ですが、装着せずに
道路を通行すると交通違反となります。


特に費用的に大きいのがヘルメットです。
安い価格のものは税込6~7000円ほどで買えたりもしますが
やはり安全性の高い品物になると高額になってきます。
MOOSE
こちらは税込¥15120円のヘルメットです。
全排気量対応モデルです。
ヘルメットも基準があり、原付にしか使えない
簡素なモノから125ccまでのものだったり。

まして、初めてのご購入ならどんな装備を
揃えるのが良いのかよくわからない。

・・・そこで、
当YSP伏見では、原付バイクをご購入の
皆様に日々のバイク使用に安全な
ヘルメットをプレゼントするキャンペーン
をしております。
CR760
当店は毎月、いろんな企画提案をスタッフ同士、
お客様に満足して頂けるように考えておりますが、
主に50ccの原付をご購入頂くお客様には、
ヘルメットサービスキャンペーンをメインに
行っております。

その他バイクに乗り始めるにあたり、
クレジットのご相談や、不安なことなど
お気軽にご来店、ご相談頂ければと思います。

お電話は 075-622-3663 まで。
20181010_003
スタッフ一同、お待ちしております。


tmax_gallery_001_2019_001
2019年2月5日ヤマハより発表がありました。
2月25日より、NEWカラーに変更されたTMAXが販売開始です。

メーカーHPはこちらから。


tmax_gallery_001_2019_002 (1)
グレード構成は変わらず。
スポーツ志向のSXと、ラグジュアリー志向のDXの二種

2018からの変更点はカラーのみ、

SXはマットシルバー、マットダークグレーの2色だったのが

tmax_gallery_002_2019_003
マットブルー(マットダークパープリッシュブルーメタリック1)に。
こちらは2018ではDXのみのカラーだったのですが、
2019はSX専用色となりました。

DXの方はマットブルー、マットダークグレーの2色だったのが
tmax_gallery_002_2019_001 tmax_gallery_002_2019_002
マットライトグレー(マットライトグレーメタリック4)と
マットダークグレー(マットダークグレーメタリック8)(継続)の2色構成に。

その他、SX、DXのライトグレーのフォークカラーがゴールドから
ブラックになったりと細かな変更があります。

スペック等は前年から変更はありません。
熟成のTMAX。
tmax_feature_009_2019_001
100万円を超える高級大型バイクになりますし、スクーター界の
トップクラスの存在ですので、特にDXの装備は充実しています。
tmax_feature_013_2019_001
スマートキーはもちろん、トラクションコントロール、ABSなど、
走行に関しての装備はSXもDXも違いはありません。

「TMAX530 SX ABS」   1,242,000円 
(本体価格1,150,000円/消費税92,000円)
「TMAX530 DX ABS」 1,350,000円 
(本体価格1,250,000円/消費税100,000円)

本体価格の差は10万円です。その装備差は
DXはSXの装備に加えて、、、
・電動スクリーン・クルーズコントロールシステム・
グリップヒーター・シートヒーターが追加されています。

どうしても高額ですし、購入される方のご年齢も高い傾向に
ありますので装備などの豪華さが取り上げられたりしますが、
アルミフレームや上下のブラケットで支えられた、
スポーツバイクと同じ構成のフロントフォークなど、
tmax_pic_001
エンジンから始まる、バイクを構成する部品、
パーツそのもののコストが凄くかかっています。
価格帯でラップするMT-09やトレーサー900などと
変わらないコストが掛かっていると思います。
コスパで言うと良い方かもしれません。

YAMAHAもオートマチックスポーツと言っているように、
TMAXはスポーツ性がものすごく高いです。
サーキット走行も出来る(実際走られている方も居られます)
バンク角や運動性能があります。
しかもこのモデルは前モデルと比べ、ホイールの軽量化や
駆動系の軽量化など、一見、重量級バイクに思えますが、
思いのほかヒラヒラと軽快に走ることが出来ます。
tmax_gallery_001_2019_004
街を流す、、ツーリングにも頼もしいラゲッジスペースに
楽なポジション。
tmax_gallery_001_2019_003
その気になれば答えてくれるスポーツバイクも顔負けの
高い運動性能。
正にAT(オートマチック)を極めたTMAX・・・言う事なし。



しかし・・・一つ気になるのが足つき。
欧州で絶大な人気を誇るTMAX(海外では凄いセールス数です)。
なので外人さんの体型に合わせつつ、尚且つ運動性、旋回力
倒し込みやすさなどから重心位置が高くなっています。

私、身長174cm(中肉中背)が跨ると、
IMG_4147
両足つま先が着いて少しつま先が曲がる程度。

正直良い足つきではありませんが、TMAXの車体構成が
体のセンターにシッカリとした重心の芯がある感じなので、
フラフラもせず、立ゴケしそうだと言う怖さはありません。
IMG_4145

IMG_4146
現在、当YSP伏見には2018モデルTMAX SXが展示されています。
アドバンスディーラーですので、実際の車両をご確認して頂けます。
もちろんスタッフに気軽にお声かけ頂ければ、
跨って頂いて足つきなどもご確認して頂けますよ。

2019新色NEW TMAX
春になる前に今の内からご検討くださいね。

↑このページのトップヘ