静岡県磐田市にあるヤマハ発動機本社に企業ミュージアム「コミュニケーションプラザ」があります。先日そのコミュニケーションプラザに行ってきました。

なんと、一番目立つターンテーブルの上に発表になったばかりの2017年欧州仕様のMT-09が展示されていました!

ちょっと見ただけでは別のモデルかと思うくらいに大きく変わっていました。ヘッドライトはLED4灯になっています。ぐっと精悍なイメージになったと思います。
P_20161021_153248_R
今回の変更点をヤマハのニュースリリースから引用します。
1)LED・4灯のコンパクトなヘッドライトと大型エアスクープによるフロントマスク
2)アルミ鍛造ステーの片持ち可動リアフェンダー
3)シフトダウン時に穏やかな車体挙動をもたらすA&S(アシスト&スリッパー)クラッチ
4)滑らかなシフトアップを支援するQSS(クイック・シフト・システム)
などを新たに採用しました。

 ご覧の通り、リアフェンダーまわりも大きく変わりました。
P_20161021_153152_R
正直、見た目をここまで変えるとは思いませんでした。人それぞれの好みがあるので、現行モデルの方いいという方もいらっしゃるでしょうね。公式発表には「2016年12月下旬から欧州で発売」としか書いていないので、日本ではどうなるのか現時点では全く分かりません。正式発表を待ちましょう。
P_20161021_153210_R
2階には過去の製品が展示されています。下の画像は1983年登場の初代ジョグです。こちらは84年発売モデルです。大ヒットしましたね。
P_20161021_153901_R
下の画像左側はTZR250(1985年)です。1980年代レーサーレプリカブームが懐かしいです。右はDT200R(1984年)です。
P_20161021_153946_R
レースマシンも展示されています。1978年YZR500です。この黄と黒のカラーは1970年ごろから使い始められ、インターカラーと呼ばれています。このカラーはヤマハ発動機60周年記念モデルとして限定販売されました。YSP伏見にはXSR900とマジェスティSのインターカラーモデルの在庫があります。お問い合わせください。
P_20161021_154646_R
こちらは1984年 YZR500。ヤマハと言えば赤と白というイメージの方は多いでしょう。この展示車両は平忠彦選手が全日本選手権で2年連続チャンピオンとなったモデルだそうです。
P_20161021_154846_R
コミュニケーションプラザには、ヤマハの製品がたくさん展示してあります。入場無料ですので、是非一度行ってみてください。
P_20161021_153550_R

Facebookでも日々情報発信しています。Facebookページもご覧ください!
YSP伏見のFacebookページ


京都のヤマハスポーツバイク正規ディーラー
YSP伏見

京都市伏見区桃山町伊賀79-1
TEL:075-622-3663

営業時間:10:00~20:00
定休日: 水曜日・第3木曜日

YSP伏見外観s