公式ブログ:YSP伏見《京都のヤマハバイク販売店》

京都市伏見区のヤマハ発動機オートバイ正規ディーラー「YSP伏見」のブログです。ヤマハ・スポーツバイク専門店として、高い技術力と充実した整備施設を備え、末永くお客様をサポートします。TEL 075-622-3663

カテゴリ: 耳寄り情報

このたびYSP伏見にてPayPay(ペイペイ)
でのお支払いに対応開始しました。

payysp1

キャッシュレス化を政府も推し進め、
世界規模ではまだまだ遅れている日本。

YSP伏見では二輪業界で
素早く対応させて頂きました。
京滋地域でのYSP店では現在YSP伏見のみが
PAYPAY決済に対応させて頂いています。

先ず、PayPayとは?
スマホにアプリをダウンロードし、現金をチャージして
店頭にて現金をご用意しなくても決済の出来るサービスです。
QR決済とも言われております。


pay3
こちらのQRからアプリがダウンロード出来ます。

PayPayのサイトはこちらです。

電子決済の世界においては新規参入の会社ですが、
ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁により設立された
会社ですので、安心して導入して頂けるかと思います。


pay1
PayPayに現金チャージ、またはクレジットカードや銀行口座を
登録しておけば、現金を持ち忘れた時でも安心ですね。

pay4
さらに、今、スマホアプリをダウンロードし、
登録すると500円相当のPayPay残高をプレゼント中です。

PayPay決済して頂ければ
最大20%分のポイントバックが付与されるので(2019/3/18現在)
現金でのお支払いよりもお得になります。

実際のご使用方法ですが、
pay2
上記の左側のお支払い手順が当店でのご使用方法となります。

修理や用品、部品がPayPayで決済可能!

お客様にはプラスばかりの決済方法です。
私たちは常にお客様の利益になる方法を模索し続けます。
その他のQR・電子決済方法など
次々に実行していきます。

ぜひ当店で
PayPayで!と言って下さいね。

こんにちは

みなさんのイメージのスクーターと言えば

slide_jog_4 vino_index_color_2019_003
ジョグやビーノなどを思い浮かべる方も多いのでは。

ただ、朝の通勤時間帯のシーンなどでよく見かける、
125ccクラスのスクーター
最近はホントよく見かけますよね。

ただ・・・四輪の普通自動車免許だけで手軽に乗れる
原付とは違い、125ccのバイクに乗るためには
小型限定二輪免許が必要です。
街中でよく見かけるスクータータイプは、
AT(オートマ)なので、小型二輪免許(AT限定)の免許
(
正式名称:AT小型限定普通二輪免許)が必要になってきます。
cygnus-x_color_003_2019_004 axis-z_color_002_2019_004
日々のお仕事の通勤・通学に、
30km/h制限の原付では…二段階右折が面倒だな…
…次のバイクは125ccにしたいな、と乗換えを考えられ
いざ免許を取ると決意したところで・・・
入所から数日間も教習所に通い詰めるのも、
時間に追われる多忙な毎日を考えれば
なかなか実現が難しいですよね。

そんな情勢を考慮し、ようやく?昨年7月に法改正施行で
普通自動車免許をお持ちの方が新たに小型二輪免許(AT)を
取得するのが、最短2日で取得が可能になりました。

今までは法律上、技能8時間・学科1時間の講習のうち、
1日で技能講習を受けれる時間数が制限されていたんですね。
その時間数の制限が改正されたため、
ギュッと詰め込んだプランで時短が可能に。


なお、各教習所によって2日間取得コースをまだ導入されて
いない所も多いですので、是非お近くの教習所に
お問い合わせ下さいね。
ちなみに当店から最も近いデルタ伏見様は2019/2/9時点では
まだ対応されておらず、最短4日のコースプランとの事です。



ヤマハは原付二種のラインナップが豊富です!
一番売れ筋で昔から人気の高いシグナスや
cygnus-x_color_003_2019_004

水冷ブルーコアエンジン搭載で燃費も良く、頑丈な
フレーム構成で安定の走りを見せる次世代スクーターNMAX
nmax_index_key_2018_pc

そして普段のお買い物から通勤、通学まで、普段の使い勝手に
こだわり続けているAxisZ(アクシズZ)
axis-z_color_002_2019_004

そしてヤマハの新しい提案、LMW(フロント二輪)で
絶大な安定感を誇るトリシティ125
main

皆様のニーズに合いそうなスクーターはございましたか?
ひとりひとり、バイクに求めるポイントは異なりますので
気になる点やご相談は気軽にYSP伏見のスタッフへ
お声かけ下さい。貴方(貴女)の一台をご提案いたします。

こんにちは。YSP伏見をご愛顧いただきありがとうございます。

このほど、NEXCO西日本からETC利用限定「周遊割引」が発表されました。

利用期間内に周遊エリア内の高速道路が定額料金で、乗り降り自由・乗り放題となるお得な割引プランです。
周遊割引
今年の夏から秋をカバーする期間ですので、これからのツーリングの計画に組み入れてみてはいかがでしょうか。

西日本で現在受付中の周遊割引は以下の通りです。


《京都・若狭路・びわ湖ぐるっとドライブパス2016》
2016年7月1日(金)~2016年11月30日(水)
※平成28年8月10日(水)~平成28年8月16日(火)は除く


《ぶらり中国ドライブパス2016》
2016年7月1日(月)~2016年12月18日(日)
※平成28年8月10日(水)~平成28年8月16日(火)は除く


《四国まるごとドライブパス!2016》
2016年7月16日(土)~2016年11月30日(水)
※平成28年8月10日(水)~平成28年8月16日(火)は除く


詳しくはこちら(NEXCO西日本「みち旅」)をご覧ください。
割引制度を有効に活用して、お得にツーリングを楽しみましょう!



Facebookでも日々情報発信しています。Facebookページもご覧ください!
YSP伏見のFacebookページ



京都のヤマハスポーツバイク正規ディーラー
YSP伏見

京都市伏見区桃山町伊賀79-1
TEL:075-622-3663

営業時間:10:00~20:00
定休日: 水曜日・第3木曜日

昨年11月に発表されたネイキッドの新製品MT-10が5月25日から27日までの、パシフィコ横浜の展示ホールで開催チュの「人とくるまのテクノロジー展」で展示されています。またがることもできるそうですよ。

MT-10の2015年11月17日発表リリースはこちら
ヤマハ発動機販売公式ブログでの案内はこちら

今回展示されているボディカラーは青ですね。会場の様子が、ニュースサイトResponseに画像がたっぷりで紹介されていました。記事はこちらをご覧ください。

<追記>
5月29日付けレスポンス記事で、開発担当者へのインタビューと、多数の展示車両の画像が掲載されました(記事はこちら)。日本国内販売への期待が高まります。
<追記おわり>
 
今までずっとグレーの車体ばかりが目に入っていたので、今回展示されているブルーのボディーカラーは新鮮に感じました。なかなかいいじゃないですか。
2016-Yamaha-MT-10-EU-Race-Blu-Studio-002
このMT-10、ヨーロッパでは5月末に発売予定と発表されていましたが、日本ではどうなるのか全く公式発表がありません。気になりますね。


ところで、ヨーロッパでMTシリーズは、「the dark side of japan」というコンセプトでプロモーションされています。欧州ヤマハのホームページには、こんなイメージ画像が出てきます。
MT

つまり、MT-07やMT-09に日本では発売されていないボディーカラーが存在しています。


MT-09 Night Fluo
2016-Yamaha-MT-09-EU-Night-Fluo-Studio-002
MT-07 Night Fluo
2016-Yamaha-MT-07-EU-Night-Fluo-Studio-002

日本市場とは違う世界観でプロモーションしているヨーロッパ仕様ならではのイメージカラーなので、日本では発売されることはなさそうです。


日本では、シルバー&ブルーを押していますね。
 09
07
MT-25
YSP伏見では、MT-25、MT-07、MT-09を展示していますので、お気軽にお越しください!

期間限定1.9%超低金利ローン(対象車種はMT-25, MT-03, YZF-R25, YZF-R3)もあります。



Facebookでも日々情報発信しています。Facebookページもご覧ください!
YSP伏見のFacebookページ



京都のヤマハスポーツバイク正規ディーラー
YSP伏見

京都市伏見区桃山町伊賀79-1
TEL:075-622-3663

営業時間:10:00~20:00
定休日: 水曜日・第3木曜日

こんにちは。YSP伏見をご愛顧いただきありがとうございます。

京都市南部の伏見区でYSP伏見は営業しています。今日はYSP伏見の地元の観光地をご案内します。

坂本龍馬ゆかりの地として有名な寺田屋へは、YSP伏見から2.6kmほどなんです。道路事情にもよりますがバイクやクルマで5分から10分のところにあります。たくさんの観光客がいらっしゃいます。
IMGP1477

そして、伏見と言えばお酒の産地としても有名です。酒蔵が軒を連ねています。月桂冠大倉記念館キザクラカッパカントリー、など、見学や飲食ができるところもありますよ。酒好きには楽しいところですが、運転する方は、飲酒はしないでくださいね。
IMGP1487
江戸時代には、大阪と伏見の間は、船で人や物が往来していたそうです。その水路が今もこの界隈には残っています。
IMGP1492
今は遊覧船が運航されています。こちらは十石船の乗り場です。遊覧船の情報はこちらをご覧ください。
IMGP1503
橋を通っているときに、ちょうど船がやってきました。
IMGP1473
こちらは、三十石船の乗船場です。寺田屋のすぐ近くです。
IMGP1483
天気がいい日に散歩するといい気分ですよ。YSP伏見にお越しの際には、ちょっと立ち寄ってみられたらいかがでしょうか。
地図

 

Facebookでも日々情報発信しています。Facebookページもご覧ください!
YSP伏見のFacebookページ



京都のヤマハスポーツバイク正規ディーラー
YSP伏見

京都市伏見区桃山町伊賀79-1
TEL:075-622-3663

営業時間:10:00~20:00
定休日: 水曜日・第3木曜日


6月11日公開の映画「夏美のホタル」で、主演の有村架純がバイクを運転するシーンがありますよ。
夏美のホタル
夏美のホタル公式サイトで、ストーリーを見てみると、「写真家になる将来の夢と、恋人の慎吾(工藤阿須加)との関係に悩んでいた夏美(有村架純)は父の形見のバイクで思い出の森へ向かう。」とのこと。


どんなバイクに乗るのかなと、公式サイトをじっと見ていると、下の画像が出てきました。タンクにはYAMAHAの文字が! SRではないですか!
夏美のホタルSR
父の形見のバイクという設定なら、SRの選択は納得です。1978年に発売されて以来ずっと続いている超ロングセラーですから。

こちらのヤマハ公式サイトで歴代のSR400の画像を見ることができますよ。
1978SR

下の画像は今年の新色。SR400は今でも人気です。
SR400
また、YSP伏見には、イエロー地にブラックのスピードブロックをタンクに塗装したヤマハ発動機60周年記念モデルを展示しています(当モデルの製品情報ページはこちらです)。このモデルは2016月4月末日までの受注期間限定モデルでしたが、YSP伏見は1台のみ在庫しています。ご希望の方はお急ぎください。
16_SR400-60th_LRYS1 (T)
映画の予告編はこちらです。バイクっていいなと思っていただける方が少しでも増えたら嬉しいです。

 

予告編で、有村架純がバイクに乗って走っている姿が見えるシーンが出てきますよね。電車の内側から窓越しに撮ったシーンです。
しかし、たまたま今朝見たテレビでは、有村架純が「免許が撮影に間に合わなくて、またがっているだけなんです」とインタビューに答えていました。
あのシーンはトラックにバイクを積んで走っていたんでしょうか。
いずれにしても、バイクがいい感じで使われているので嬉しいです。


《ご案内》 YSP伏見のFacebook Pageも併せてご覧ください。ブログとは異なったコンテンツをほぼ毎日更新しています。こちらをクリックしてアクセスしてください。フェイスブックのアカウントをお持ちでない方もご覧いただけます。
YSP伏見のfacebook
さらに、YSP伏見では、メールマガジンも発行しています。登録ご案内ページはこちらです。ご登録いただけますと幸いです。

これからもYSP伏見をよろしくお願いいたします。
60周年DSCN1548_F

京都のヤマハスポーツバイク正規ディーラー
YSP伏見

京都市伏見区桃山町伊賀79-1
TEL:075-622-3663

営業時間:10:00~20:00
定休日: 水曜日・第3木曜日

↑このページのトップヘ